新卒
建築施工管理
大西 晃司
建築事業部 工事部 東日本工事課
工学部 建築学科卒
2016年入社

PROFILE

入社後、現部署に配属。自動車ディーラーの店舗新築工事や牛込神楽坂、東長崎、神田神保町など東京都内のマンション建築の工事を担当。現在、浅草作業所にて工事担当主任としてマンションの建築に携わる。

立場が変わるたびに自然にステップアップ。
工事担当主任として今、奮闘中。

インタビューイメージ1

Question-1

なぜ西武建設に
入社を決めたのですか?

中学時代から新築の家が建っていくのを見るのが好きで、将来は建築関係の仕事に就こうと思い、大学も建築学科を選びました。しかし、大学の設計の授業では、自分はずっと座っている仕事は無理だなと思って(苦笑)。それで就活では、現場の仕事があるゼネコンを志望しました。最終的に西武建設を選んだのは、インターンシップでの印象がとても良かったからです。その内容は、2週間、大規模プロジェクトの現場体験をするというもの。と言っても自分が作業することはなく、様々な先輩社員に説明してもらいながら見学する毎日だったのですが、見ているだけで楽しかったのです。また、先輩社員の方々が忙しい中、とても親身に接してくれたことにも感激しました。

Question-2

入社後からどう成長してきたか、
教えてください。

インターンシップの時は現場を見るだけで楽しかったですが、入社後はそれとは全然違いました。1年目の10月に配属された牛込神楽坂作業所ではマンション建築の着工から竣工まで携わりましたが、最初は現場の写真撮影、掃除、資材手配関係など、基本的な業務からスタート。覚えることも多いし、結構しんどかったですね。心の支えは、上司がいい人たちばかりだったことでした。2年目からは担当業務を持ち、仮設の足場など簡単な図面を描き、発注業務にも携わるようになり、俄然やる気が増しました。その後は、後輩が入ってくると、自分が担当していた仕事をバトンタッチして、自分は上司が担っていた仕事を担当するようになりました。経験を積むたびに、やるべきことの難易度も高くなりますが、それをクリアしていくことで自然と成長に繋がりました。

インタビューイメージ2

Question-3

現在、携わっている
仕事の内容と、
苦労している点を教えてください。

今年4月より、入社6年目で初めて、マンション新築工事の工事担当主任を務めています。工事担当主任はいわば現場責任者。正直、自分が主任になるのは早いよ、と思いました。工事の順番を間違えたり、イレギュラーなことが起きてしまうと、大幅に工事が遅れてしまう。それを回避するためには、様々なことを想定しておかなければなりません。しかし、まだ経験値が足りないため、想定しきれないことも多く、実はすでに失敗もしています。その経験を糧にして、今、竣工までの工程を見据えて仕事を進める努力をしています。

Question-4

現在の仕事の中でのやりがいは
何ですか?

やりがいは、工事担当主任としての仕事すべてが自分のスキルアップに繋がっていくこと。工事管理を行うための様々な業者との打合せから、発注者の方への対応、後輩への指導まで、工程が進んでいくごとに新しい事象や学ぶべきことが出てきて、それらに対応することで必ずスキルアップの手応えを感じることができます。後輩を指導するときに私が心がけているのは、単にやることを指示して終わりにしないこと。業務を依頼する際にも、何のためにこの業務をやっているのか、この業務が何に繋がるのかをしっかり伝えることで、後輩に腹落ちしてもらうだけでなく、自分自身の復習にもなっています。また、この仕事の最大のやりがいは、やはり建物が完成した瞬間です。竣工予定の2023年はまだまだ先ですが、建物が出来上がったときには、これまで以上の喜びを感じると思います。

インタビューイメージ3

Question-5

今後の目標を教えてください。

まずは初めての工事担当主任として、この現場をしっかり終わらせることが目標です。その後、2物件ほど携わることで、工事担当主任として一人前になれるかなと。さらにコスト管理、売上管理まで考えることができるようになったとき、所長の道も見えてくると考えています。理想の所長像は、楽しい現場をつくって、みんなになるべく任せて、本当に危ないところだけ締めるという感じの所長。私も後輩に積極的に話しかけるなど、現場の良い雰囲気作りを心がけているつもりです。「今日、疲れていませんか?」と逆に後輩に気を使われることもありますが(苦笑)。どんな立場になってもコミュニケーションは大切にしていきたいですね。

7:20

出社

8:00

朝礼

協力会社の方々含め、多い時は約60名で。作業内容、安全のポイントの確認を行う。

8:15

現場巡回

協力会社の方々への指示、作業打合せ等。

9:00

業者の方と打ち合わせ

1〜2カ月後の作業に関して、その方法を話し合う。

11:45

昼休み

13:00

現場での打ち合わせ

協力会社の職人さん含め、明日の作業についての確認を行う。

14:00

お施主様との打ち合わせ

工事の進捗等を報告する。

16:00

デスクワーク

図面や工程表を作成する。

20:00

退勤

21:30

帰宅

妻と会話しながら食事をするのが楽しみ。

23:00

就寝