新卒
リノベーション施工管理
辻 智正
リノベーション事業部
工事部 主任
工学部 建築科卒
2012年入社

PROFILE

入社から一貫してリノベーション事業部工事部に所属。都営団地や保育園、都立高校、といった公共建物の改修工事を担当し、6年目にさいたま市の下水処理場の改修工事で初めて所長に抜てき。その後、競技場昇降機棟増築工事、省庁大学校の校舎改修工事で現場所長を務め、現在に至る。

新たな機能や価値を付加する“リノベーション”。
経験値を積み、誰もが認める第一人者に。

インタビューイメージ1

Question-1

なぜ西武建設に
入社を決めたのですか?

実は、幼い頃からずっと建設業界志望だったんです。父が建設関係に従事していたので、その背中を見て育った私は自然とこの業界を目指すようになり、大学で建築を学び、ゼネコンを中心に就活をしました。西武建設を志望した理由は2つ。1つは出身が埼玉の秩父なので"西武"に対して親近感があったこと。もう1つは説明会参加時に聞いたプロジェクトに感銘を受けたことです。それは、鉄道と道路の上下立体交差の切り替えを一晩でやりきる工事。そんなことができる技術力の高さに魅了されました。自分もそうしたプロジェクトに関わり、他社にない知見を学びたい、と思ったことが入社の決め手になりました。

Question-2

現在の仕事内容と
やりがいを教えてください。

私が所属するリノベーション事業部は、主に建物の改修工事を担う部門。既存建物の長期使用を可能にするための補修工事や耐震補強工事、利便性を高めるための増築工事や用途変更工事などを行います。その中で私は主に公共建物の改修工事に従事し、所長として現場の安全・品質・工程・原価を統括しています。公共工事では、総合施工計画や総合仮設計画、総合工程の計画に始まり、現場の品質や採用する工法、部材の妥当性など膨大な資料を作成し、発注者などへの説明対応が求められます。また現場では、協力会社との連携や納入資材・職人・安全対策の管理、さらにイレギュラーな事案への迅速な判断・解決などのマネジメントが不可欠。どの現場も難易度が高く、所長として手腕が試されますが、様々な工事を担当することで、対応力や現場力が磨かれていくやりがいがあり、竣工時には大きな達成感を味わえます。

インタビューイメージ2

Question-3

リノベーション工事の
面白さとは何でしょうか?

未経験の改修テーマや施工技術に挑戦して、様々なノウハウを身につけられることです。例えば8年目に担当した競技場の改修工事では、東京五輪での使用に備え、車椅子で利用できるエレベーター棟の新設工事を初めて経験。更地からの基礎工事やRC造の構造物建造の知見を得ました。さらに工期がラグビーW杯開催と重なっていたため、試合当日などで作業を中断した時は、大型ポスターのような特注シートで囲い、現場保全と大会演出を兼ねる工夫をしました。また、現在担当している省庁大学校の校舎改修工事では、体育館地下にあったプールを事務所に改修する大規模な用途変更工事や、耐震化の安全基準を満たす「特定天井(※)」へ改修する工法を経験。リノベーションは現場ごとにテーマが違い、まさに挑戦の連続ですが、そのおかげで常に新たな発見や知見を獲得して自らのノウハウを増やしていける面白さがあります。

(※)特定天井:東日本大震災で建物の天井落下による被害が各所で相次いだことを受け、国土交通省が設けた新たな安全基準の対象となる構造の天井のこと。

Question-4

どんな経験を積んで、
どのように成長していくことが
できますか?

最初の1〜2年に現場で学んだのは「習うより、慣れろ」です。足場の仮設に必要な部材発注に駆け回りながら、先輩社員や協力会社、職人の方々が話す内容や繰り出す指示を、体に叩き込みました。3年目くらいから現場に慣れ、住民が暮らしている中で、あるいは施設が稼働しながらの工事という“リノベーションならでは”の現場で、改修成果が目に見える面白さ、利用者に感謝されるやりがいをつかむことができました。そして6年目の下水処理場の改修工事で初めて所長に抜擢。プレッシャーと向き合う中、工事品質をお客様に高く評価されて表彰された時は、所長を務められるまでに成長できたことを実感しました。

インタビューイメージ3

Question-5

今後の目標を教えてください。

まだ30代ですので、今後も公共施設でなければ経験できないリノベーション工事の経験値を高め、「辻がいれば大丈夫!」と言われる所長を目指していきたいですね。それから、今まで以上に部下の育成にも力を入れ、リノベーション工事に必要な現場力を身につけられるように成長をフォローしたいと思います。リノベーション事業部は、若い時から様々な仕事を任せてもらえる部門。また工事部長からの現場への声がけや現場同士での情報交換も多く、縦・横のつながりがしっかりとしていて、とても相談しやすい環境です。私もそうした風土の中で成長してきました。“若い力の挑戦”に期待しています!

6:00

起床

8:00

現場到着

8:30

ラジオ体操、朝礼

9:00

午前の業務

現場巡回、作業打合せ、メールチェック、施工図の作図等。

12:00

昼休み

13:00

午後の業務開始

定例会議等の打合せ、現場立会等。

16:00

現場巡回

当日の進捗確認と翌日の予定確認。

19:00

業務終了

20:00

帰宅

夕食、趣味の時間。

24:00

就寝